【重要】6月からお教室再開のお知らせ

皆さまいかがお過ごしでしょうか。


本日の全国非常事態宣言解除を受けまして、

柳原料理教室は予定通り、6月2日(火)よりお稽古を再開いたします。


6月のお稽古日、開始時間の変更はございません。


換気、消毒、試食の中止、マスクの着用、お稽古時間の短縮など、できる限り、感染予防に配慮した形でお教室を再開いたします。


お教室でのウィルス対策、それに伴う、皆さまへのお願いやお持ち物などにつきましては、あらためて近日中にホームページへの掲載と、メールマガジンでのお伝えを予定いたしております。再度のホームページの確認をお願いいたします。


この2ヶ月の間、私共自身、食の大切さ、楽しさをあらためて噛みしめてきました。


この思いを忘れずに、柳原料理教室はこれからも、食の学び舎として、皆さまとともに歩んでいきたいと思います。


お稽古日など分からないことや不安なことがありましたら、お電話、メール、お問い合わせページからご連絡ください。


皆さまにお目にかかれることを楽しみにしております。


柳原料理教室

柳原一成

柳原尚之

875回の閲覧

最新記事

すべて表示

10月からのお稽古始めお受けしております

本科クラスの10月のお稽古では、日本料理の基本のお話をいたします。 出汁のひきかた、米の研ぎ方、ご飯の炊き方、計量の仕方、包丁の持ち方などについてのお話です。 柳原料理教室では、主に鰹節と昆布を使って出汁をひきます。おいしい出汁をひけるようになれば、吸い物、煮物、味噌汁など、料理の味が変わっていきます。 そろそろ新米の季節。米の研ぎ方と水加減、火加減を覚えることで、炊飯器ではなく鍋でもおいしいご飯

9月からのお稽古始めお受けしております

9月の本科クラスでは、秋刀魚の刺身、秋茄子の煮物、三色おはぎなど秋の献立をつくります。 秋刀魚は秋を代表する魚。 焼き魚としてもおいしいですが、鮮度のよいものはお刺身としてもいただけます。 茄子は家庭でもよく使う食材ですが、茄子を色よく仕上げるのはなかなか難しいものです。お教室では茄子を色よく仕上げるためのいくつかのポイントをお教えします。 三色おはぎは、あんと黒ごまときな粉の三つの味。 あんは小

4月からのお稽古始めお受けしています

4月の本科クラスでは基本のお話をいたします。 だしのひきかた、ご飯の炊き方、計量のしかた、包丁の持ち方についての講義をします。 だしをひくときは昆布とかつおぶしを使います。昆布を水に入れてから最初の火加減や、かつおぶしを入れるタイミングなど、講義で先生のやり方を見て学び、そのあとの実習では自分たちでも行います。 ご飯の炊き方は、煮炊きの基本です。お教室では羽釜を使ってご飯を炊きます。お

柳原料理教室

〒107-0052  東京都港区赤坂1-7-4

03-3582-0707

​Copyright© 2017 Yanagihara Cooking School of Traditional Japanese Cuisine All rights reserved