4月からのお稽古始めお受けしています


4月の本科クラスでは、基本の話をいたします。

米の研ぎ方、ご飯の炊き方、だしのひき方についてなど、日本料理の基礎となる大切なお話です。

お教室では、炊飯器ではなく羽釜でご飯を炊きます。羽釜で炊いていると、だんだんと水加減、火加減が身についていき、おいしいご飯が炊けるようになります。ご自宅では蓋の重い鍋などを使えば、羽釜がなくても大丈夫です。

また、おいしい出汁をひけるようになることが、おいしい日本料理をつくる第一歩。色々なお料理に展開していくことができます。

生きることは食べること。

いま、世の中では難しい状況が続いております。

このような時にこそ、大事なことをお勉強していきたいと思います。

最初の一歩となる知識と技術を身につけ、母国の料理を丁寧に学んでいくことで、日々の暮らしが少しずつ豊かであたたかなものへとなっていくことを願っています。

お稽古の詳細はこちらをご覧ください。

https://www.yanagihara.co.jp/class


124回の閲覧

最新記事

すべて表示

11月からのお稽古はじめお受けしております

11月の本科クラスでは、「弦月大根とひっつみ団子」、「里芋のあんかけ」や「牡蠣の湊焼き」をつくります。 11月のテーマは「煮物を極める」。 あたたかい煮物が美味しいご馳走になる季節になりました。 煮物を美味しく作るコツは、下準備にあります。 お稽古では、大根や里芋を上手に煮るための下準備について詳しくお話しいたします。 お申し込みの詳細はこちらからどうぞ。 **安心してお稽古するために 柳原料理教

本日の産経新聞に掲載されました

本日2020年10月11日(日)の産経新聞に柳原尚之が掲載されました。 先月、キッコーマンが主催したオンライン料理講習会で紹介した、新米の炊き方についての記事が掲載されました。 2020年10月11日(日) 産経新聞「鍋で炊く秋の味覚『新米』 取れたての香りと甘み」

柳原料理教室

〒107-0052  東京都港区赤坂1-7-4

03-3582-0707

​Copyright© 2017 Yanagihara Cooking School of Traditional Japanese Cuisine All rights reserved